2022年9月26日月曜日

第4回 曙小学校区まちづくり協議会参加

 9月22日(木)に曙小学校区まちづくり協議会が開催されました。


10月29日(土)に「ちょこっとハロウィン」を開催予定で、その際にパーラー公民館を開催するために調整中のようです。


若狭公民館からは直近の講座のお知らせと新しくできた広報誌についてお知らせしました!

『 南の島の南極教室 2022 』参加者募集! 10月23日(日)14:00~16:00

・わかさウォーキング2022 10月4日、11日、18日、25日毎週火曜日開催18:30~20:00


広報誌はこちらから

今回の広報誌では曙小学校卒業生のタイムカプセル開封した件を記事にしたのですが、参加者より曙地区で活躍している方々の情報を共有していただきました。

今後も曙地区の地域ニュースをとりあげていければと思います。


来月の定例会は10月27日(木)です。

うみそら上映会in若狭海浜公園 Vol.4 無事開催しました~!!

9月16日(金)に夏の風物詩「うみそら上映会in若狭海浜公園 Vol.4」を開催しました。

うみそら上映会とは、毎年6月から10月の間に月1回、実行委員会が企画・運営している手作りの野外上映会です。



今回の上映会は、台風がすれすれで通るとの事で、野外で開催するかどうかギリギリまで検討しました!!
あらゆる天気予報を見ても意見は、バラバラ、共通しているのは"にわか雨"だったので、判断に迷いました~(「野外で開催して突然の豪雨で機材がぬれたらどうしよー・・・」「屋内で開催したときに晴れてたら、悲しいなぁ~」等など職員でうだうだ考えていました)
時間を置いてみて、野外で実施して雨が降った時は、機材を守れるように工夫しよう!!と思い立ち、「きっと大丈夫だろう!!」と判断!!野外で実施することを決めました!!


今回も、高校生のボランティアがお手伝いにきてくれました!!

スクリーン作り①
スクリーン作り②
看板作り








来場者が帰る際、星の道でお見送り















天気が怪しい中ではありましたが、たくさんのお客さんがいらっしゃいました!








最初の上映はユ-チュー部の作品上映です。
若狭公民館で取り組んでいる「アートな部活動」から、ユーチュー部の部員がつくった作品を紹介します。ユーチュー部には映像作家の藤井光さんを顧問に、子どもから大人まで、たくさんの方が参加しました。





次に、16mフィルム「ちゅうしゃのこわいムーじいさん」
ちょっとしたトラブルがあり、前回と同じ内容ですが、何度みても面白いです!!

最後は、懐かしの地域映像
昔の街の風景をみても、その当時いなかった私(平岡)もなんだかノスタルジックに感じてしまいました。この貴重な映像、次回は、どんな内容なのか気になりました。






今回も、たくさんのスタッフで運営しました。実行委員会も随時受付けていますので、上映会を一緒に盛り上げてくれる方、若狭公民館までお問合せ下さい。




次回のうみそら上映会の日程はこちら!!

【日時】:1021日(金) 19:00~20:30
【場所】:若狭海浜公園(雨天時は、若狭公民館3階 ホール)
【参加費】:無料
【問い合わせ】那覇市若狭公民館 ☎098-917-3446
                ✉info@cs-wakasa.com 担当 平岡

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

少しでも気になった方は、若狭公民館までご連絡下さい♪

PS,うみそら上映会の情報は、各SNSページで発信しています!
  ↓のバナーをクリックして下さい!
       上映会の告知や当日の様子をリアルタイムで配信します♪
  
  Facebook Instagram Twitter 





2022年9月22日木曜日

『 南の島の南極教室 2022 』参加者募集!

各地より集結した南極観測隊OBの皆さんのお話やクイズで南極について楽しく学ぼう♪

10月23日(日)14時 〜 16時

若狭公民館 3Fホール

【募集】10月3日(月)〜21日(金)

【対象】那覇市在住・在勤・在学で南極に興味がある方

【参加】無料 ♪

【申込】電話 098 - 917 - 3446(平日9時 〜17時)


わかさ防災教室 第2回防災寺子屋「防災と減災を考える」開催

  8月16日(火)に「わかさ防災教室」〜ともに、このまちで生きる。〜第2回防災寺子屋「防災と減災を考える:防災キャンプを科学する」が開催されました。

わかさ防災教室については(こちら

4回の公開イベントと4回の座学で地域における防災人材を育成することを目的とした事業で今回が2回目の座学となります。

今回の寺子屋はオンラインと対面のハイブリッド形式にして、オンラインからの参加者も半分ほどいらっしゃいました。


まず、最初は先日本島に接近した「台風11号への対応」をグループを作成して話し合いました。

対面とオンラインでのグループで話し合った後に振り返りを行いました。


代表者からの発表では

・ペットボトルを凍らせて、停電時に備えた

・携帯充電ようにモバイルバッテリーを用意した

・防災リュックを見直した

・ベランダの片付け・飛びそうなものを縛った

・排水溝の汚れを掃除した

・簡易トイレを準備した

・手回しラジオ・懐中電灯の動きを確認した

・オール電化の家ではカセットコンロを準備した

・常温で食べれるものを考えた

・ガソリンを満タンにして、停電時にでも車で充電などができるようにした

などがあげられ、それぞれ台風対策を共有しました。


曙小学校区まちづくり協議会の玉寄さんからは安謝川付近の平時と台風時の写真などが共有してくれました。

台風時は軽石も流れてきたそうです。


第2回防災寺子屋「防災と減災を考える:防災キャンプを科学する」の講師は防災の専門家で災害プラットフォーム理事の稲垣 暁さんのお話です。

スライドを共有しますので、ご確認ください。

防災×キャンプのキャンプという文化は神戸の野外活動から始まったこと、そのキャンプ文化が阪神淡路大震災で生かされたという紹介してくれました。



3.阪神淡路大震災で、キャンプのどういう技術が被災生活に役立ったか?
1.男女協動参画:
-団塊世代は「合ハイ」。災害時の性差強化を抑制。トイレや仕事分担などに男女の差別なく配置や設置をすることができる。

2.何が足りてないか判断し、率先して行動:
-全体の動きを見ながら「自分は何をすべきか」覚知。

3.役割分担と弱者へのいたわり:
-その場にいる全員が、適性ごとに何かの役割を持つ。

4.自然環境保全:
-山・川でのルールを熟知。ゴミを出さない技が根付く。

5.リセット・マインド レクレーション
-やり直す力、何でも楽しめる力=創造しなおす力。

6.レジリエンス
-自己再生力。早期の生活再建につながった人が多い。

7.食材の使いのばし・転用と「減ったら満たす」
-「ローリングストック」などの防災備蓄の基本となった。

8.食器や調理器具を洗わないで済ます方法

9.できるだけ水を使わずにおいしく食べる方法

まとめ:道具の使い方などのテクニックより、率先市民力・自治力の体得が大きかった。

これらの項目がキャンプを日頃からしている中で身についていき、それが災害時の避難生活に活かされた経験をお話していただきました。

そのほか、阪神淡路大震災時の実際の写真を盛り込みながら、実際の状況を伝えてくれました。

防災キャンプの考え方を理解できた講座となりました。

防災教室の受講生と共に、防災キャンプ'22秋に向けて取り組んでいきます。

主催:NPO法人地域サポートわかさ / 那覇市若狭公民館

共催:一般社団法人災害プラットフォームおきなわ

助成:おきぎんふるさと振興基金




2022年9月14日水曜日

福岡大学 仁田原さん 公民館見学

今日、福岡大学人文学部文化学科4年の仁田原右京さんが見学に来られました!!
今日は、サークルの見学を行いました。すずらんフォークダンス愛好会さんから、「見てるだけじゃなくて一緒に踊りましょう」と体験することになりました。

体験活動をする福岡大学の仁田原さん

踊りのレッスン中
サークルの活動について説明中


これから、公民館をテーマにした研究を行うそうです。
今後の活動応援しています!!











2022年9月13日火曜日

第3回子どもの居場所地域連携会議開催

若狭児童館の子どもの居場所”あっとほ〜む かめ家〜”に関わる近隣の小、中学校の先生や行政機関、寄り添い支援員、児童委員などの関係機関や学習支援アドバイザーなどで情報共有する子どもの居場所地域連携会議(第3回目)を9月8日に開催しました。


8月30日に開催予定でしたが、台風が接近していたため延期とし、振替開催しました。急な日程変更にもかかわらず、ご参加いただきありがとうございました。

今回学校からは若狭小学校のみの参加、行政からの参加もなかったため、若狭小学校区に特化した情報交換会となりました。
かめ家〜で起きた事例を解決するにはどうすればよいのか、学校や学習支援アドバイザーなど違う立場の方から意見を伺うことで課題解決のヒントを多くいだたくことができました。

会議の後、学習支援アドバイザーの佐渡山氏より、報告した事例に即した課題解決や課題発生予防に向けた取り組みも考えられそうという意見もありました。佐渡山氏には10月に職員向けの研修もお願いしています。

次回の子どもの居場所地域連携会議は10月28日に開催予定です。

2022年9月12日月曜日

ポストポスト部がお返事♪

 久しぶりにポストポスト部の掲示板が公民館の入り口にでましたよ♪

お弁当のイラストが届いたので今回はなんと立体的なお返事です。

まだまだ暑い日が続きますが、食欲の秋を感じさせるお返事となっています。
公民館に来られたらぜひ、ご覧くださいね。

お手紙をポストに投函してもらえたら(絵や作品など、腐らないものならオッケーです♪)
ポストポスト部からお返事が届きますよ〜。
ちょっとした疑問や質問にもお返事しますよ。

お手紙お待ちしています!!



(おまけ)
ポストポスト部では部員がぴーちゃんの気持ちになって、届いたお手紙にお返事をしています。今回はとっても久しぶりな部活動だったので、お互いの近況報告をしながらずっと大笑いしながらお返事を書いていました。大人の部活動はよいですね。